〒299-1173千葉県君津市外箕輪2-8-7
TEL.0439-54-2121 FAX.0439-54-2124

スクリューアタッチメント

スクリューアタッチメント 外径用

こんなときに活躍します!

CASE.1
現物を合わせたいのに合せがない時)
CASE.2
緩めに作ってくれれば大丈夫と漠然と言われた時
CASE.3
合わせを作るにも費用がかかる。(しかも使用するのはその時限り)
CASE.4
ネジゲージは直径、ピッチにより使用できるサイズが決まっており汎用性が無い(しかも高価)

商品装着状況及び使用方法(SAO-2.0使用)

スクリューアタッチメント

製品特徴

  1. 呼び径もしくは有効径を使い簡単におねじの径を確認することができます。
  2. お手持ちのデジタルノギスに装着することで、すぐに使用できます。
  3. P1.0~P6.0のサイズを用意致しました。(良く使用するピッチをご用意していただく事で御社の作業効率向上をお手伝い致します)

固定側ジョーの装着品を部品①、スライド側ジョーの装着品を部品②として説明します。(この商品はデジタルノギス専用です)

呼び径測定方法(換算表に記載のない場合)

  • 手順①

    手順①

    部品①を図のようにジョーの段差と先端の幅に合わせ装着します。手締めにて取り付けます。

  • 手順②

    手順②

    部品②をスライド側のジョーに取り付け、ねじ山が噛み合った所で手締めしノギスの「0」セットボタンを押します。

  • 手順③

    手順③

    部品②を取り外し、部品①に記入された数字(SAO-2.0の場合-1.30)だけノギスを縮めて「0」セットボタンを押します。

  • 手順④

    手順④

    再度、部品②を取付け、部品①と部品②のねじ山を噛み合わせ手締めします。ノギスの表示が縮めた数値と同じになれば測定準備完了です。(SAO-2.0の場合1.30)

  • 手順⑤

    手順⑤

    M110×P2.0を確認するために液晶表示部の数字を「110」までスライドし、加工したねじに通ればOK。通らなければ追い込みが必要です。

有効径測定方法(換算表使用)

  • 手順①

    手順①

    スクリューアタッチメント装着後、ねじ山が噛み合ったところでノギスの0セットボタンを押します。

  • 手順②

    手順②

    換算表から希望の呼び径とピッチから有効径を確認して下さい。(測定例の場合:M110 P2.0の有効径は108.7mmです)

  • 手順③

    手順③

    液晶表示部の数値を108.7にスライドし加工したねじに当てて確認して下さい。通らなければ追い込みが必要です。

仕様一覧

型式 SAO-
100T
SAO-
125T
SAO-
150T
SAO-
175T
SAO-
200T
SAO-
250T
SAO-
300T
SAO-
350T
SAO-
400T
SAO-
450T
SAO-
500T
SAO-
550T
SAO-
600T
ピッチ 1 1.25 1.5 1.75 2 2.5 3 3.5 4 4.5 5 5.5 6

※1.この製品はM社の200mm測定用までのデジタルノギス(外側用ジョウの厚み3.2mm以下)に装着できるように製作しております。ご使用のデジタルノギスに対応していない場合がございますので事前にご確認下さい。

※2.この製品はおねじの径を簡易的に確認するためのアタッチメントです。厳密な測定精度を保証するものではありません。

※3.2級ねじ用です。